【東日本大震災から6年を迎えて】

2011年3月11日午後2時46分。

あの瞬間から、今日で6年目を迎えました。

6年という時間は、人々の被災地への関心を薄れさせていき、時間と共に被災の報道も少なくなってきていました。


そして、昨年の4月。

熊本で大地震が発生し、その被害も計り知れないものでした。


しかし、あの時を経験したからこそ、日本中から九州へ様々な形の支援の手が差し伸べられました。

震災での経験や学んだ知識を生かして、現地にいない私たちでもできる支援が数多く送られていたと思います。

被災した地域では、災害の爪痕が深く残っており、多くの人たちが今も苦しい生活を送っています。

あの時経験したことを、そして、震災は未だに続いているということを、私たちは忘れてはいけないんだと改めて感じました。


チャリティー企画"プラス1プロジェクト"では、

"物語を通して、震災や病気等で心に傷を負った子ども達に笑顔を届けたい"という想いで、オリジナルボイスドラマや物語の読み聞かせ動画を配信しています。



☆オリジナルボイスドラマ「銀河鉄道の夜」


☆「読み聞かせ動画」



企画を立ち上げてから、5年。

そして、"プラス1プロジェクト"と名を改めてから1年。

まだまだ小さな規模ではありますが、全国の子ども達の心のサポートのために、SNSやインターネットを通じて私たちの活動を広めていただければ幸いです。

何卒ご協力お願い致します。


製作にあたって協力してくださった方々の復興を願う想いとともに、一人でも多くの子ども達に笑顔を届けられるよう、これからもプラス1プロジェクトを運営していきます。


今後とも何卒宜しくお願い致します。


企画集団Gotta!”プラス1プロジェクト”

羽野だい豆(大志郎)、三本美里、伊藤重弥