第10話 鳥を捕る男

 大学士と別れ、急ぎ停車場に戻ると、列車はすでに走り始めていました。

 やっとの思いで列車に飛び乗り座席に戻ったジョバンニたちのもとへ、 大きな包みを持った男が、図々しく隣に座ってきます。

 ジョバンニたちは、その男に対して嫌悪感をいだきます。しかしその男はそんな二人の態度を気にもせず自分が捕った鳥を強引に食べるよう勧めてき、いやいや食べてみると、なんとその鳥はチョコレートのような味がするのでした。

 嘘を言って自分達を騙そうとしているのだろうとカムパネルラが鳥捕りに詰めよると、その鳥を捕っているという男はその場から一瞬にして消えてしまうのでした。

銀河鉄道の夜

オリジナルボイスドラマを配信