第5話 少しの間・・・

 ジョバンニが牛乳屋に着くと、そこに現れたのはいつもの牛乳屋のおじさんではなく、怪しげな老婆でした。老婆は、今は誰もいないから、もう少したってから来るようにとジョバンニへ告げ、そのまま奥へ消えてしまうのです。

 そこでジョバンニは、少しの合間祭りをのぞいてから、また来ようと一度町へと戻ることにしました。

 祭りを楽しもうと町へ戻ったジョバンニですが、ザネリたちと鉢合わせてしまいます。この町には死者の霊を弔うため烏瓜の燈火(あかり)を川へ流す風習があり、ザネリたちは川へ向かう途中でした。

 ザネリたちはいつものようにジョバンニを執拗に冷やかします。その様子をカムパネルラは複雑な思いで見つめていましたが、何もすることが出来ず、傷ついたジョバンニは、逃げるようにその場を走り去ってしまうのでした。

銀河鉄道の夜

オリジナルボイスドラマを配信